中古マンション物件はどんな状態のものをいうのか?

リフォーム・リノベーション

私たちは住まいの候補の一つに中古マンションを考えますが、中古マンションとは一体どういう状態のものを指すのでしょうか? それを見ていきたいと思います。

中古マンションは新築とは違い、少なくとも一度は誰かが住んだか、住んでいなくてもその部屋を一度は所有したものです。 つまり前の所有者さんが持っていたものをどんな状態で不動産屋さんが売るかがポイントで、中古マンションの販売物件はリフォームがされたものか、していないものかの二つに大きく分かれます。

では、リフォームされた中古マンションとはどんなものを言うのでしょうか?
その前にまずマンションの造りを簡単に説明したいと思います。
その造りがどんな感じなのか、マンションをバッサリ切ってみましょう!

多くの場合、実はこんな感じで二重構造になっています。
外側は「鉄筋コンクリート造」「鉄骨造」などと呼ばれる構造や外壁の部分で、建物を壊れないように支えたり雨風をしのぐ役目などがあります。 でも実際はこの部分を室内から見ることはあまり多くはないのですね。
では実際私たちが見ている部分はというと、その構造の内側にある「内装」と言われている部分です。壁や天井、床を目にしますが、これらは鉄筋コンクリートの箱の中に作りこまれているのです。

前置きが長くなりましたが、リフォームしている中古物件とは、この「なかのハコ」の部分をリフォームした部屋のことで、例えば以前の壁や天井・床などを全部取り払い、間取りもがらりと変えたりして作り直したものを「フルリフォーム物件」、一部か以前のままを流用し表面の仕上げを主にやり直したものを「部分リフォーム物件」と呼んでいます。
上のどちらが良いかという優劣はありませんが、工事の予算の都合でリフォームをどう考え進めたかなどの観点からリフォームの方針を立てて販売に至ったと見るのが妥当でしょう。予算が少なくて済んだとはそれだけ従前のものが良い状態だったからということもありますし、ここは思いっきり予算を掛けて丁寧に作り直したというケースもあるでしょう。 どちらにしてもお客さんを思い浮かべて、選んでいただけるようにリフォームは行われたことだけは変わらないと思います。

一方、リフォームをされていない物件はというと、まさに前の方の住まいのまま…ということになるのですが、逆に言えばそうした物件こそ、自分たちが住みたいように変えることができる可能性が多くあるとも言えます。後ほど詳しく述べますが、マンション規約や法律など最低限の条件を満たすことは必要になりますが、その上で自分好みに部屋を組み立てていくことは可能です。 戸建の新築注文住宅と同じことを中古のマンションでもできるという訳です。 ただ部屋の外側の箱はできているため内部の予算だけが必要となり、その分コストパフォーマンスはあると言えます。

リフォーム済もリフォームなしの物件にしても、ネットや地元の不動産屋さんなどを通じ物件情報は当たることができます。ぜひ皆さまの希望にしっくりとあう物件に巡り合えるよう、ゆっくりとご覧になって下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました