東京都S邸~耐震補強・フルリフォーム

東京都S邸~耐震補強・フルリフォーム
2015年 東京都

ストーリー
家族構成に変化があったことや、主人が退職されるのを期に、ご両親から受け継がれた思い入れのあるご自宅の改装を決断。「建物の耐震性を向上したい」、「夏が暑いので快適にしたい」というご要望のもと「フルリフォーム」が行われました。

住まいの歴史を引き継ぐ

家族構成が変わったことから大幅な間取りを見直すことが可能となり、また耐震についても思い切って見直すことができました。
また、住み続ける施主にとっては日ごろの温熱環境は非常に重要な問題で、断熱強化はもちろん風通しや日射遮蔽を意識した工事内容としました。新築時から天井などに貴重な板材がふんだんに使われていたことから、改装後も雰囲気を崩さないよう施工面で慎重に配慮を行い、住まいの歴史を引き継ぐように考えました。

物件概要

 建物種別   木造2階建て
 築年数   39年
 面積   約105㎡
 施工期間   約1ヶ月半
 施工費用   約1400万円(税抜き)
 家族構成   大人二人
 ポイント 【耐震補強】【フルリフォーム】

ご提案パース

※ クリックすると拡大します

外観

見た目としては大きく変化はしていませんが、建物の価値が下がらないよう屋根や外壁の塗装、防水の工事など必要な工事は施しています。

耐震補強と断熱強化

金物を入れて柱と梁が抜けないようにしています。

断熱材を新たに入れ直しています。


居室内




寝室にはウォークインクローゼットを設け収納量UP。間取りの変更は柱の新設なども行ったため、そうした面でも耐震性能向上を見込んでいます。

工事の実施内容

  • 耐震診断の上、内装を撤去し各所に耐震補強(金物設置や壁設置)
  • 間取りを変更することにより、耐震性の向上。
  • 躯体(柱など)で不朽していた部分は材料入れ替え。
  • 床に傾斜が見られたため、躯体を修正および補強。
  • ウォークインクローゼットを新設し、立体的に使えるようにすることで収納の効率を上げる。
  • 内装については、今ではなかなか手に入らない状態のよい板張り部分を補修のうえ再利用。依然の雰囲気を崩さないようにした。
  • その他については新たに仕上げ。
  • お風呂、洗面、キッチンは新品に取替(トイレなどは工事前に新品にお取替えになっていたので、便器自体は流用)
  • 夏リビングが暑いとのことで、通風面や窓に遮熱フィルムを張るなど予算に合うかたちで改善。

主な仕様

屋根 既存再塗装(遮熱材)
外壁 一部補修のうえ再塗装
天井 羽目板部分は再塗装。 
クロス張替え
新規部分はラバーウッド張り
浴室 ユニットバスへ新規交換
玄関ドア ドア周りと合わせて防犯面と通風面を考慮し、新たに交換。