材料について(マンションリフォーム)

材料について

仕上げに「自然素材」を使ったマンションリフォームのすすめ

マンションリフォームの仕上げに「自然素材」はいかがでしょうか?
マンションの室内仕上げの定番と言えば「天井や壁がクロスで、床は複合フローリング」などですが、これらはコストフォーマンスやメンテナンス性では優れているものの、表情に乏しく部屋の印象がどうしても画一的になりがちです。でも「自然素材」はそれとは対照的な印象を与えます。たとえば無垢のフローリングは材料によって赤身がかっていたり節があったりと個性に溢れています。

マンションのように全体の広さに限りがあると一つひとつの部屋も狭くなりがちですが、仕上げに「自然素材」を用いることで部屋の中に豊かさが生まれ、狭い部屋でも狭くるしさを感じさせない戸建てのような伸びやかさやゆとりが生まれてきます。長く住み続ける住まいだからこそ「自然素材」にこだわってみてはいかがでしょうか。

玄関に「自然素材」を使いました。暗くなりがちな部分ですが「自然素材」の暖かさが帰ってくる人を優しく向かい入れる印象を与えます。

※ 複合フローリング
複数の板を貼り合わせて作ったフローリング。表面は化粧面と言われ、見た目はきれいで傷つきにくいが均一的な印象を与えてしまう。

※ 無垢のフローリング
一枚の板からできたもの。自然のままを切り落として加工しただけで特別な手は加えてはおらず、その表情は木の種類や生産地によって豊かで味わい深い。

天井や壁の仕上げは「珪藻土塗り」

塗り壁に用いられている自然素材の珪藻土は「藻類の化石」からできたものです。珪藻土を壁に塗ることによって壁自体が呼吸してくれるので、いろいろな効果が期待できます。

たばこやペットの臭いを消す効果や、結露を押さえてダニやカビの発生を抑える効果もあります。仕上げの種類もいろいろな模様があり、美しく飽きの来ない仕上がりになります。

おすすめの材料~スギ無垢材

スギは屋久島から秋田まで国内各地でとれる材料ですが、特徴は何といっても柔らかさです。床に使う時は通常、仕上げに自然素材のオイルなどを塗りますが、素足で歩けば一目瞭然。柔らくとても歩き心地よいと思います。また適度にエアコンなどを用いることで、夏は熱を籠らず冬はひんやりしないなど、とても心地よい材料です。一方で傷つきやすいという面もありますが、テーブルの脚にはフェルトを張るなど心掛けて頂ければ防げることは多いと思います。その他にも、ヒノキ、サクラ、白樺(=バーチ)、パインなどありますので、サンプルで様子をご覧頂いております。


ドアや窓枠、床など木部の保護仕上げ塗り

ワックス仕上げ

木材を自然のままの状態で使ってしまうと、何かをこぼした時にしみ込んでしまうといったことが起こります。一度しみ込んでしまうと、そこだけシミのようになってしまいます。そういったことを防ぐためには木材の表面にワックスや塗装を施す必要があります。

その際、私たちが主にご紹介しているのが以下の「自然塗料」です。
・ドイツ・オスモ社の「オスモカラーシリーズ」
・小川耕太郎∞百合子社の「蜜ロウワックス」

「オスモ」はひまわり油など、「蜜ロウ」は蜜ロウやエゴマ油を原料としていますので、赤ちゃんや小さなお子様がいらっしゃるお客様には安心ですね。また「自然塗料」は “木の呼吸” を止めませんので、室内の空気が保たれるという面もあります。