丁寧な施工(マンションリフォーム)

丁寧な施工

私たちには職人さんの支えがあります。

打ち合わせを重ねて「このようにしましょう」と決めても、それをカタチにしていかなくてはなりませんよね。それを可能にするのが「職人さんの力」です。
職人さんはそれぞれの道のプロであり様々な現場を通しての経験があるためとても目が肥えています。いつも「ベストを尽くそう」と力を注いでくれる仕事への純粋さと心意気があります。誠実に向き合ってもらえる職人さんがいるからこそ「お客様のためにこうしたい!」という意図も理解し実行してもらえます。
心を通わせて仕事に向き合ってもらえる職人さんがいることは、何よりも私たちの会社の強みだと思います。

「うまく回っている現場」が住まいづくりの出発点

住まいづくりは「職人さんの力」は必要不可欠ですが、より品質にこだわった住まいづくりに励もうとするならば「工事現場がうまく回っていること」が必要ですが、「うまく回っている現場」とはどんな現場なのでしょうか?

一つ目は「現場の雰囲気」です。
建築現場では様々な職種のプロが協力してひとつの現場に携わりますが、それぞれが最大限に力を発揮するには「気になることは聞き、確認してお互いを尊重する」ことが鍵になります。コミュニケーションを気兼ねなく図れて良いものを作ろうと結束している現場は、施工の仕上がりも質の高いものとなります。

二つ目は「現場がいつもきれいに保たれていること」です。
職人さんも自主的に協力してくれる整理整頓の行き届いている現場は、とてもきれいで気持ちの良いものです。整理整頓が行き届いていれば作業の効率も上がりますし、何より職人さんも気持ち良く仕事に取り組めます。

これらは当たり前のことなのかもしれませんが、私たちがその当たり前にこだわるのは、その積み重ねが「質の高い住まいづくり」に反映されるからです。ここはお客様には直接見えない大切なポイントだからこそ、プロである私たちが貫くべき基本姿勢であると考えています。

狭くても工夫次第で現場は仕事しやすくできます。

もう一歩先の「ああ、いいな」を目指して

住まいが完成してから「なんでココが出っ張っているの?ちょっと納得いかないなぁ」といったことを感じるのは、何だか残念な気持ちになりますよね。「そうしたデザインにしたかったから」、「設備や構造の制約からどうしてもこうなってしまった」などの、やむを得ない場合も多々あるかと思います。

でも、そこからもう一歩踏み出して「スッキリした、違和感ないね!」を実現するためには、何が必要でしょうか?それは設計の段階での「検討力」、現場レベルでの「このほうがきれいだよね」という「美意識へのこだわり」です。何よりも、それを実際にやれる「技術力」が決め手となります。そうした「職人さんの力」とともに、当社は一歩先の「ああ、いいな」の実現を目指します。

マンションリフォームならではの配慮を大切にします

マンションにおける工事で大切になることは、周りに住んでいらっしゃる方がいる中で工事を行うことです。建築工事ではどうしても大きな音やほこりが発生してしまいますが、そうした“不快”なことが起こりつつも工事が進められるのは他のお部屋の皆さまのご理解があるからです。私たちはまず周りの皆さまにご挨拶させて頂きご理解を賜り、何かありましたら積極的にお話をお伺いする旨をきちんとお伝えしています。また工事中は廊下やマンションの入り口を何度も行き来しますので、そうした共用部分を傷つけたり汚すことがないよう、丁寧に養生し自主的に清掃しています。
私たちの行う工事が周りの方にも支えられていることを忘れずに、普段から誠実な対応を心掛けています。