東京都F邸~木のマンションリフォーム

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

東京都F邸  
2016年 5月  東京都世田谷区

ストーリー
以前の住まいが手狭なため引っ越しを考えるが「住み慣れた地元を離れたくない」、「両親の実家の近辺が希望」ということから、住む場所にこだわり「中古マンションのリフォーム」を選ばれた。 リフォームする上でのご希望は「それぞれの個室をつくること」、そして「自然を素材を用いて、マンションでも戸建のようなゆとりと温かみが感じられる住まいにしたい」というもの。

自然素材を用いた「ゆとり」を感じられる住まいづくり

専有面積60㎡を「自然素材を用いて、いかにゆとりある住まいにするか」にポイントを絞りフルリフォームをしました。
南側には神社の立派な木々がそびえ、他の建物に視界を邪魔されないなど環境面に恵まれていたことから、床の高さを一段高くした “たたみ床のリビング” を設けました。また「ご夫妻それぞれの個室が欲しい」とのご希望を叶えるだけでなく、用途に合った収納スペースをしっかり設けた2部屋を設けることができ、快適な日々の暮らしを楽しんでいただいています。
床・壁・天井には断熱材を入れ、各窓は二重サッシ化を行いました。省エネや快適性を向上させたフルリフォームです。

物件概要

 建物種別   マンション(鉄筋コンクリート造)
 築年数   32年
 リフォーム面積   約60㎡
 施工期間   約2ヶ月
 施工費用   約900万円(税抜き)
 家族構成   大人二人
 ポイント 【木のマンションリフォーム】【フルリフォーム】【断熱】【防音】【遮音】

ビフォー・アフター

ピックアップポイント

床を一段上げた”畳床のリビング”で、夫婦がくつろぐスペースとして大活躍。ゴロゴロしても気持ち良さそう。

窓上に貼られた杉の板は、洗濯用シャンデリアが掛けられるように工夫されています。部屋干しもココを使えば大丈夫。

すべての窓に「2重サッシ」を取付たことで遮音性がUP。夜中でも外部の騒音がほとんど気にならなずとても快適だそうです。

床はスギの無垢材を張り自然塗料のワックス仕上げにしました。素足で歩くと柔らかく心地良さが感じられます。

スギ材のラインとアクリルパネルが醸し出すデザインが、とても趣のある印象を室内に与えてくれています。

洗面化粧台も木製にこだわりました。アクセントで貼ったモザイクタイルとのコラボがいい感じです。

キッチン壁は奥様セレクトの輸入タイルでデザイン貼り。タイル一枚分の奥行は調味料置きなどで重宝しているそうです。

玄関のコート掛けです。木製の丸みある遊び心のあるデザインがご夫婦のお気に入りです。

小泉誠さんデザインのダイニングセットとペンダント照明はご主人のこだわり。あたたかい光で心がなごみます。

主な仕様

天井 スギ羽目板張り、及びクロス張り仕上げ
各室:クロス張り仕上げ、
洗面・キッチン:一部タイル張り
各室:スギ無垢材にオスモワックス塗り
洗面所:CFシート張り
玄関土間:タイル張り
インナーサッシを設置(Low-Eガラスの複層ガラス)
造作材 ドア:スギ加工品
収納扉など:シナ加工品。
浴室 ユニットバス新規交換
洗面化粧台 新規交換
キッチン シスムキッチン新規交換
設備 リビング・個室2部屋:エアコン設置
給湯器:エコジョーズほか

施工前