構造・耐震性(戸建新築)

耐震・構造性

建物を支える地盤の強さを確認しています。

建物が地震にも暴風にも耐えるには建物自体の強さが重要ですが、建物を支える地盤にも一定の強さがないといけません。地盤の強さはその場所の地層がどんな構成をしているかによって異なります。特に斜面地や周りが田んぼや河川に近い場所などは表層面が軟弱であることが多く、それでは建物を安定して支えることができません。私たちは地盤調査を行って地盤が持つ力や地層構成を確認し、仮に強度が足りない時は地盤改良を行ってしっかりと地盤のうえに建物が建てられるようにしています。

例)「ピュアパイル工法」という地盤改良工事の様子
強固な地層まで掘り、そこから地表近くまでコンクリートの柱を作るので、地盤が弱くても建物をしっかりと支えられます。 地盤改良工事には様々な方法がありますので、現地の地盤構成や予算を考慮してご提案をしています。

 

安全性を構造計算でより詳しく分析します。

木造住宅の耐震性は法律で決められた最低限の項目を確認すればよいということで、今でもその簡単なやり方で多くの住宅が建築されています。この方法でも耐震性能は確保でき問題はありませんが、私たちは「許容応力度計算」と呼ばれる構造計算でより詳しく分析をしています。

構造計算をするメリットはより詳しく力の流れを分析できることにあるので、使う材料についてより的確な判断が行えます。建物の「柱やはり」といった部材はもちろん、コンクリートでつくられる「基礎」についても計算を行うことで、より安全性を高めていきます。

使う金物は構造計算で的確に判断します。

 

建物の構造はレベルで表示。私たちは最高等級を目指します。

近年発生した大地震や台風などによる災害を考えると、住まいにはより高いレベルの安全性が求められていると思います。
実は建築の法律は最低限の決まりしか書いていなく、あとは個々の判断で…と任されているのですが、私たちは建物の耐震性の安全レベルは通常必要なレベルの1.5倍(=耐震等級3)の強さを確保できるように設計を目指します。傍から見るとオーバースペックかと思いますが、安全に対するしっかりとした判断が皆さまの資産を守ることに繋がるはずです。

戸建新築TOP