プランニング(戸建リフォーム)

プランニング

気になることを解消していきましょう

今のお住まいについて、不便に感じているところはありませんか?生活スタイルや家族構成が変わってしまい荷物置場と化した「使わずの部屋」などはありませんか?皆さまにとってのしっくりしないことを解決するのがリフォームの一番の目的です。皆さまの気になることをお聞かせください。それをヒントにプランをご提案致します。

自由にいろいろできる戸建リフォーム

増築や二世帯住宅、一部貸室化といったこともできます。

戸建リフォームでは柱や屋根など建物の根幹となる部分はできる限りそのまま使い最小限の交換で足りない部分を補っていきますが、部屋の間取りや使い勝手などの細かな部分は以前に状態とは関係なく全く別のものとして計画することができます。

例えば2階を数戸のワンルームやフロアー貸しの賃貸部屋としたり、入口を別に設けて二世帯住宅にすることもできます。また敷地に余裕があれば増築することも考えられます。 これらは法律の制限をクリアし役所で手続きをすることが求められる場合もありますが、最低限のことを守れば今の建物を活かし全く別の様態にすることもできます。

自然の要素をプラン作りに取り入れる

リフォームのプランは皆さまのご要望をもとに進んでいきますが、その中で「光・風」といった自然の恵みや「視線や見晴らし」、「音」、「遮り」いった五感に通じることがら意識してプランに反映させていくと、住まいはゆったりとしたゆとりあるものになっていきます。

住宅が密集した都会では条件も限られてきますが、それでも建物の中でどのような風の通り道を作るか、日差しの入り方はどのような感じになるか…など意識して部屋の配置や窓を位置・形を決めていくと住む人にとって居心地のよいものとなるはずです。住まいは皆さまが末永く付き合っていくものであるからこそ、こうしたことのデザインにもこだわって、家にいることが楽しい戸建リフォームをお届けします。

木の素材を生かしたリフォームはいかがですか?

弊社では「木の素材を生かしたリフォーム」を得意としています。床には無垢のフローリングを、ドアには職人さんが一つひとつ作り上げた工場製作品をおすすめしています。木の素材がもつ自然の風合いをそのまま生かすことで落ち着いた印象と優しい雰囲気を与えてくれますので、とても居心地の良い住まいになります。

また素材の良さを引き立たせるために、デザインはご希望がない限りシンプルに整えるように心がけています。「ここにちょっとした造り付けの収納が欲しい…」など皆さまのご希望に合わせて丁寧にご提案しています。

洗面台やキッチンなどの設備も、様々な各社の特徴や予算も含めてご紹介しています。その他の具体的な内装の仕上げについてもサンプルを含めてご紹介しています。すでにご興味ある設備機器や仕上げ材などがありましたら、プランに取り入れていきますので遠慮なくお聞かせください。

おすすめの材料について

片づけやすさに配慮したプランニング

戸建はマンションに比べて収納スペースが確保しやすいとは言っても、ライフスタイルに合わない収納では意味がありません。住まいの中でどれだけの収納スペースを確保すれば良いのかや、どのような収納がベストなのかを考えていくことは大事な項目の一つです。いざ住み始めてから「収納が少ない!」、「部屋が片付かない!」となってはせっかくのリフォームが台無しです。そうしたことがなるべく起きないよう、早い段階から収納プランを一緒に考えていきましょう。

住みやすさを考える~「暑さ寒さ対策」


戸建における住みやすさはどのようなポイントがあるでしょうか?間取りの良さであったり、心身に優しい仕上げ材もありますが、もうひとつ「暑さ寒さ対策」です。最近では夏は熱射病、冬は相変わらず寒さによる健康被害がニュースで目にしますが、そうした家の中の環境は対策次第で改善できます。休日に家の中で暑くもなく寒くもなく、快適に過ごすことができれば、家での暮らしが居心地よいものになるのではないでしょうか?そうした「温熱デザイン」もプランニング時からご紹介しています。

断熱・気密について