スケルトン・フルリフォーム(戸建リフォーム)

スケルトン・フルリフォーム

今までの戸建住まいに新しい価値と魅力を与えるリフォーム

古くなった我が家に新しい価値と魅力を与えるリフォーム

戸建リフォームの良さは制約のあるマンションリフォームとは異なり「自由にリフォームできる」ということです。建物の内外全てを思い通りにつくり替えることができるので、皆さまの思いやイメージをカタチにしやすいのが戸建リフォームの魅力です。例えば、使っていないお部屋とリビングを一つにし全体的にゆとりある住まいにしたり、二世帯住宅にリフォームしたり、住まいの一部をカフェにリフォームしたりといったことも可能です。

古くなった我が家に新しい価値と魅力を与えるリフォームで「これから先も安心して住み続けていけるな」、「リフォームして良かったな」と思える住まいづくりを目指します。

「新築」よりも「スケルトン・フルリフォーム」を検討する理由

古くなった我が家を新しくするための選択肢として「新築」と「リフォーム」の二つがありますが、リフォームの良さは、たとえ新築以上の手間と時間とコストがかかったとしても、現在の建築面積を変更することなく新しくつくり替えることができるということです。古くなった我が家を解体して、同じ場所に新築するケースでは「法律の問題」で、これまでよりも建築面積が少なくってしまうことが多く「思い通りの間取りができない」、「狭くて不便さを感じてしまう」、「窮屈さは感じたくない」といった問題を抱えてしまうことがあります。そこでお薦めするのが「スケルトン・フルリフォーム」です。現在の建築面積のままで新築と同レベルの工事内容が実現できます。

「スケルトンリフォーム」と「フルリフォーム」

大幅に手を加えていく戸建リフォームに「スケルトンリフォーム」と「フルリフォーム」があります。どちらのリフォームも自由度があり、まったく新しい住まいへとつくり替えることが可能です。

スケルトンリフォーム

建物をいったんスケルトン(基礎と構造体)の状態にし、新しくつくり替えて住まい価値を向上させるリフォームです。新築よりも解体の手間やコストがかかりますが、建物面積を変更することなく新築と同じレベルの工事内容が実現できます。痛んで弱くなってしまった基礎や柱を交換・補修・再生したり、耐震補強を行っていくこともできるのでこれまでよりも安心して住み続けることができます。

 

フルリフォーム

建物の外部は解体せずに、内部だけを新しくつくり替え価値を向上させるリフォームです。外観はこれまで通りでも、玄関を入れば新築と同じレベルの住まいが実現できます。これまでと同じ建物面積なので、希望通りの間取り変更ができ狭さや不便さを感じずに済むのも魅力の一つです。また、使えるものは再利用していくこともできるので、解体や材料費などを抑えていくことも可能です。

***

二つの違いは、外壁まで解体し基礎と柱状態にするのか、内部だけを解体してリフォームを行うのかにありますが、どちらのリフォームも現在の建築面積のままでまったく新しい住まいにつくり替えていくことには変わりはありません。ご希望や物件の状況、ご予算に応じて丁寧にご提案していきます。

住まいの価値にこだわる

間取りにこだわる

リフォームは「どんな間取りにするか?」からはじまっていきます。間取りを決めていくにあたって大事なのが「新しい住まいでどんな生活をしたいか?」です。今はまだ漠然としているその思いやイメージであっても、お聞かせいただければその内容を見える図面という形に変えていきます。それをもとに丁寧に打ち合わせを重ねて、これまでよりも価値と魅力のある住まいづくりを一緒に実現させていきましょう。

住みやすさにこだわる

また、どのようなライフスタイルであっても、そこに住まう皆さまがゆったりとできる快適な住まいであることが大切です。それが、私たちが大切に考えている住み始めてからの「住みやすさ」です。「暑さ寒さ対策」をリフォームの段階でしっかり行っていくことで、住み続ける中で気になりがちな身体への負担を取り除いていくことができ、リフォーム後に対処するよりもその効果は大きく、水道光熱費という具体的なランニングコストの面でもメリットが得られます。

目に見えるデザインにこだわることも大切ですが、皆さまがリフォームした新しい住まいで快適に暮らしていくためには、住まいの価値につながる「目には見えないところへの配慮」がとても重要です。私たちはそこを見逃すことなく、丁寧にご提案していきたいと考えています。

きめ細やかな配慮で行う現場管理

リフォームの仕上がりの良さは、現場管理をいかに丁寧に行っていくかで左右されます。材料の使い方や取り付けの仕方にちょっとした配慮をしたり、住んでからのやり直しや不具合改善工事などが生じないよう余裕を持って工事を行うことを特に重視しています。丁寧な施工・現場管理が、住んでからの「あれが気になる」の歯止めとなります。そこをしっかり実行していくために、私たちは現場を職人さん任せにするようなことはいたしません。皆さまの大切なリフォームに携わる者全員がコミュニケーションを取り合い、質の高いリフォームをお届けできるようきめ細やかな配慮で現場管理を行っていきます。