断熱・気密(戸建リフォーム)

断熱・気密

断熱・気密をしっかり行うと住まいは快適になります。

皆さまは、今のお住まいに “快適さ” を感じていますか?夏はとても暑く、冬は寒くて正直つらいなと思うことはありませんか?こうした症状はお部屋をきちんと「断熱・気密」することで大きく改善されます。

具体的な方法として以下のようなものがあります。

窓に断熱性能の高いサッシを用いる

窓などの開口部を通して夏の冷房中に熱が室内に入ってくる割合は約7割、冬に暖房の熱が逃げる割合は約6割であるというデータがあります。そこで当社がご提案しているのが、熱を通しやすいアルミではなく「樹脂フレームのサッシ」です。ガラスが2~3枚構造であったり、断熱材が入っているものもあります。

 

壁の中や屋根や天井、床に断熱材を入れる

しっかりと断熱した「高断熱住宅」に住まわれている方においては、気管支喘息やのどの痛み、せきの低減、アトピー性皮膚炎、手足の冷え、肌のかゆみ、目のかゆみなどが改善しているとのデータもあります。

「断熱・気密」をすることの意味

なぜ「断熱・気密」を行うと部屋の中が快適になるのかと言いますと、その理由は、私たちが真冬にコートを着るのとよく似ています。寒い冬、コートなしで出かけることは難しいですよね。 私たちがコートを着るのは、外の気温との「熱」の出入りをコートによって「断つ」ことで、低い外気温から大切な体温を守るためです。

それを住まいで行っていくのが「断熱・気密」です。
部屋全体を断熱材で包み込み(=断熱)、隙間がないようにチャックをする(=気密)ことで、外気温に影響されない快適な室内温度を保っていくことができます。「断熱・気密」をしっかり施せば、冬の寒さにも、夏の暑さにも影響さにくい快適な住まいを手に入れることができます。

「断熱・気密」のすすめ

「断熱・気密」にを施すと、部屋の中が外の温度に影響されにくくなるため、様々な面において「メリット」が生まれてきます。

健康面について

体に大きな負荷がかかると私たちの健康面においても影響が出てきますが、大きな負荷の要因の一つとしてあるのが「過度な温度差」です。温度変化が大きいと心臓に負担がかかり例えば心筋梗塞の遠因になったりしますが「断熱・気密」を行えば部屋によっては寒かったり暖かかったりということが減るためそうしたリスクも低下します。他にも手足の冷えや肌のかゆみ、せきの低減など多くの方が悩んでいらっしゃる症状においても効果があるとの研究結果も出てきています。

光熱費の節約

「断熱・気密」をすることで外気温に左右されにくくなり、冬場なら温度が冷めにくくなるためエアコンの運転温度や使用頻度を下げることができます。また最近のエアコンやその他の冷暖房器具は高性能となっており、リフォームのを機に新しく交換することによって、さらに電気代の節約が見込めるのも魅力の一つです。

騒音の低減というメリット

直接「断熱・気密」の話とは関係はないのですが「窓を二重サッシにする」ことで外部の騒音の遮断効果があがります。「夜に走る車の音が気にならなくなった」という効果であったり、場合によっては「外で雨が降っているのにも気づかなかった」といったこともあります。

このように「断熱・気密」の工事はそれを行うことで、具体的に様々な効果をもたらすことがはっきりしています。住まいは長年住み続けるものですから、その部屋が「住みやすく快適」であれば、住み手としてのストレスは少なく感じるでしょう。

「断熱・気密」はどちらかというと「縁の下の力持ち」的な要素です。そのような工事後は隠れて見えなくなってしまうところに手をかけることで、住まいの快適さは増していくと私たちは考えています。